東京・立川に「PLAY! MUSEUM」が6月10日オープン

PLAY! 外観

絵とことばをテーマにした美術館「PLAY! MUSEUM(プレイミュージアム」が6月10日(水)、東京・立川北口に開業した新街区「GREEN SPRINGS」内にオープンする。

PLAY! MUSEUM エントランス

大人から子どもまで、だれもが楽しめる美術館として、ユニークな視点で作家や作品を特集する企画展と、年間を通して著名な絵本作家を紹介する常設展を同時開催する。絵やことば、映像や立体物を通じて自由に感じ、発見し、さまざまな体験ができる場所を提案する。

★オープン記念の常設展は「エリック・カール 遊ぶための本」(6月10日~2021年3月28日)

エリック・カール『はらぺこあおむし』イラストレーション 1990年 Collection of Eric and Barbara Carle, Courtesy of The Eric Carle Museum of Picture Book Art, Amherst, Massachusetts. © 1969, 1987 Eric Carle.

世界的ベストセラー作家で、日本でも「はらぺこあおむし」などで人気の高いアメリカ人絵本作家のエリック・カール。本展では、彼の絵本を「おもちゃ」に見立てた新しい視点で、「くぐる」「きく」「うごかす」「みつける」など、10の遊び方に分けて紹介。大型の造作物や映像、カール独自のコラージュで描かれた美しい原画を展示する。

★オープン記念の企画展は「tupera tuperaのかおてん.」(6月10日~12月29日)

PLAY!_MUSEUM_展示室 企画展「tupera_tuperaのかおてん.」

様々な絵本賞を受賞し、人気のクリエティブ・ユニットtupera tupera(ツペラ ツペラ)の「顔」をテーマにした展覧会。tupera tupera のブレイク作となった「かおノート」など人気の絵本原画を紹介するほか、2メートルの大きな顔が並ぶ「かお10(テン)」など、平面・映像・立体と様々な表現の新作を多数展示する。来場者は「かおシール」で変身するなど、来場者どうしで楽しむ仕掛けが用意されている。(※新型コロナ対策の一環で、一部の体験型の作品は当分の間、見て楽しむだけになる)

■問い合わせ:042-518-9625

■開館時間 :10:00ー18:00(入場は17:30まで)

■休館日  :無休(展示の入替、年末年始をのぞく)

詳しくは公式サイトへ。

 

直前の記事

いきなり最終週 わずか6日間の「超・名品展」 兵庫県立美術館

  超・名品展 2020年6月2日(火)~7日(日) 兵庫県立美術館 2020年4月11日から開催される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために臨時休館となり開幕が最終週まで遅れ、6日間だけの会期

続きを読む
新着情報一覧へ戻る