京都市京セラ美術館、5月26日(火)に開館

新型コロナウイルスの影響で、リニューアルオープンが延期となっていた京都市京セラ美術館(左京区)が、5月26日(火)に開館することになった。京都市が18日、発表した。

当面は入館者は京都府在住者に限定し、感染症対策として事前予約制による入館制限と、入館者の体温チェックを実施する。事前予約をしていない人は、カフェやミュージアムショップなどの無料エリアにも入れない。前売券や招待券を持っている人も事前予約が必要。定員は入場時間で30分(10時~17時)ごとに50人。

事前予約の対象期間は5月26日(火)から6月7日(日)まで。新型コロナウイルスの状況によっては、休館日をはさんだ6月9日(火)以降も事前予約による入館制限を継続する場合がある。

リニューアルオープンにあたっては「杉本博司 瑠璃の浄土」「コレクションルーム(京都市美術館所蔵品展示)」(春期)の展覧会が開催され、それぞれに事前予約が必要となる。

同館は1933年の開館。耐震性向上や展示スペース拡大のため、2017年4月から閉館して、改修・増築工事を進めていた。当初、3月21日のリニューアルオープンを予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日程が延び延びになっていた。

予約はホームページ、または電話(075-761-0239)で受け付ける。受付は5月22日(金)から。

直前の記事

大阪市立美術館など5館が再開へ 約3か月ぶり

地方独立行政法人大阪市博物館機構は16日、同機構で運営し、2月29日から休館していた5施設を順次、再開館することを発表した。開館日程は以下のとおり。 ・大阪市立美術館     5月26日(火)※本館のみ ・大阪市立自然史

続きを読む
新着情報一覧へ戻る