岩手県立博物館と美術館 「県外居住者は入館自粛を」

岩手県立博物館(盛岡市)と同県立美術館(同)は17日、公式ホームページに、県外居住者の入館自粛を要請するお知らせを掲載した。

博物館は「岩手県外にお住まいのお客様への入館自粛へのお願い」と題して、「(国の)県をまたいでの移動抑制方針及び岩手県教育委員会からの指示により、当館では4月18日(土)から当面の間、岩手県外に居住されている方の御入館の自粛をお願いすることとなりました」と述べ、「県内居住の方も、県外にお住まいの方と一緒に来館されることは御遠慮ください」と地元住民にも念を押している。

美術館も「県外からお越しの方のご入館について」と題し、「当館では、新型コロナウイルス感染症の拡大をうけ、4月18日(土)から当面の間、県外から来られた方のご入館の自粛をお願いいたします」と要請している。

岩手県は全国の都道府県で唯一、新型コロナウイルスの感染者が出ていない。緊急事態宣言を16日、全47都道府県に発令した政府では、ゴールデンウイークに向けて、都道府県をまたいで人が移動することを避けるよう住民に促すよう呼び掛けている。

 

直前の記事

新着情報一覧へ戻る