フォト・リポート 「ネオ.ダダの痕跡」展  ギャラリー58(東京・銀座)

篠原有司男「パリだぜ!牛ちゃん」(部分)

ネオ.ダダの痕跡

2020318日(水)~44日(土) 東京・銀座 ギャラリー58

 前衛芸術グループ、ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ(略してネオ・ダダ)が廃品を利用した作品や過激なパフォーマンスで登場し、注目を集めたのは1960年。グループは1年足らずで解散したが、彼らの反芸術的な精神は21世紀に至っても風化することはなかったようだ。

東京・銀座のギャラリー58で開かれている「ネオ・ダダの痕跡」展は、ネオ・ダダ結成60年の節目に、主要メンバーだった赤瀬川原平(1937-2014年)、篠原有司男さん(1932年生まれ)、風倉匠(かざくら・しょう:1936-2007年)、吉野辰海さん(1940年生まれ)、田中信太郎(1940-2019年)の作品計38点を集め、この前衛芸術運動の息吹を伝えている。

赤瀬川原平「無題」1960年代(ウィルヘルム・ライヒ著「きけ 小人物よ!」挿画) 全42点の内の12点を展示

赤瀬川の「無題」作品は、ネオ・ダダが結成された60年代に描かれた、精神分析学者ライヒの著作の挿絵原画。出版後は赤瀬川夫妻が手元に秘蔵していた初公開のペン画だ。

 

篠原有司男「パリだぜ!牛ちゃん 親友、木下新に捧げる」2020年 アクリル、カンヴァス

 ギャラリー58の画廊主の長崎裕起子さんは、いまも現役の作家として活動を続ける篠原さん(88歳、ニューヨーク在住)と吉野さん(80歳)には「ネオ・ダダの今を伝えたいと思い、新作をお願いした」と語る。篠原さんは今年1月のパリ訪問を題材にした大作を送ってきた。

篠原さんの作品は色彩の豊かさや躍動感が特徴だが、今回はパリの街角で見かけたライオン像、映画の広告塔、夫人との朝食の情景などを題材に、「考えない写実画」をテーマに描き上げたという。対象の選択や構図の組み立てにあたって、湧き出すエネルギーに任せて思いのままに描いたということだろう。

同(部分) この箇所について、篠原さんは「ライオン像がコーヒーにアタック」と長崎さんに解説したという。自由闊達そのものだ

 

左手の壁の手前は、風間匠のミクストメディア作品「晴雨計」(1995年)   中央の立体作品と正面の壁の水彩・コラージュ作品は、犬をモチーフにした吉野辰海の新シリーズ「此処へ」の作品

 吉野さんは長崎さんの求めに応じて新たなシリーズ「此処へ」を手がけた。

吉野辰海「此処へー唐辛子噛み(A)」 2020年

 

「余白の形而情 Tombo」(2017年 鉛、紙:中央)など田中信太郎の作品

 田中の作品は、要素を切り詰めたミニマリスム的な作風が鮮烈さを感じさせる。

 

「新作をお願いしたお二人が、挑み、脱皮し続ける『ネオ・ダダ精神』をリアルタイムで見せてくれたのが嬉しかった」と長崎さんは振り返る。半世紀以上前の時代精神を想像させる、熱を帯びた展示空間だ。44日まで。

(読売新聞東京本社事業局専門委員 陶山伊知郎)

直前の記事

新着情報一覧へ戻る