もんぺからKawaiiまで!「ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会」今夏、六本木で開催

「ファッション イン ジャパン1945-2020―社会と流行」のパンフレット

出展される最近のコレクションの作品

「もんぺ」から「Kawaii」までーー。戦後の日本ファッション史を豊富な資料で振り返る「ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会」が今夏、東京五輪・パラリンピックの期間に合わせて国立新美術館(東京・六本木)で開催される。洋服を基本とした日本のファッションについて、その黎明期から、海外で高い評価を得た70年代を経て、現在の最先端の動向に至るまで、時代的、社会的背景を交えながらひも解く世界初の展覧会になる。

東京展の開催期間は6月3日(水)から8月24日(月)まで。国内有数の服飾コレクションを有し、同展を新美術館などと主催する島根県立石見美術館でも「島根展」として開催される。島根展は9月19日(土)から11月23日(月・祝)まで。

同展は時代ごとに、①1920年代~45年(和装から洋装へ)②45~50年代(戦後、洋装ブームの到来)③60年代(「作る」から「買う」時代へ)④70年代(個性豊かな日本デザイナーの躍進)⑤80年代(DCブランドの最盛期)⑥90年代(渋谷・原宿から発信された新たなファッション)⑦2000~10年代(世界に飛躍した「Kawaii」、そして「いいね」の時代へ)⑧20年代(未来のファッション)、という8つのパートで構成。戦後のファッションの歴史を俯瞰する。

流行を発信するデザイナーから提案された服やスタイルだけでなく、その受け手である消費者の動向という、両サイドの視点から構成される。世界的なデザイナーや、人気ブランドの衣服はもちろん、当時の写真や映像、雑誌、音楽など様々なメディアを含めて、当時のファッション文化を紹介する。

26日に新美術館で行われた記者発表会で、逢坂恵理子館長は「スポーツの祭典である五輪に合わせて、国際的に高い評価を得ている日本のファッション史を振り返る内容になる。着ることはあらゆる人に関係があり、多くの方に見てもらいたい」と同展の意義を説明。同館の本橋弥生主任研究員は「往年の人気ブランドも数多く出品されるので、お年寄りや現役世代の方々はきっと懐かしさを感じるはず。幅広い世代で楽しめます」と話していた。

直前の記事

ピーター・ドイグ展 26日開幕 ドイグさん迎えて記者発表会

「ピーター・ドイグ展」開幕前日の25日、会場の東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園)では、ドイグさん本人を迎えて記者発表会が行われた。 ドイグさんは1959年、エジンバラ(イギリス)生まれ。90年代前半から頭角を

続きを読む
新着情報一覧へ戻る