ドイグ展 開幕前に展示作業大詰め

2月26日に開幕する「ピーター・ドイグ展」を前に、会場の東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園)では展示作業が大詰めを迎えている。

21日には、ポスターにも使われている「ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ」(196センチ×296センチ)などの作品が次々に壁に掛けられた。中には幅3メートルを超えるものもあり、そのスケール感は見る者を捉えて離さない。

ピーター・ドイグ(1959~)はイギリスのスコットランド生まれ。ロマンティックでミステリアスな風景を描くことで知られ、今日、世界で最も重要なアーティストのひとりと言われている。日本では初めての個展で、初期作から最新作まで幅広く紹介する。

直前の記事

リポート アーティゾン美術館 開館記念展

長期休館中だった東京・京橋のアーティゾン美術館(旧ブリヂストン美術館、2019年に改称)が1月18日、旧ブリヂストン本社の跡地に建てられた高層ビル「ミュージアムタワー京橋」(地上23階)内に開館した。約5年にわたる工事・

続きを読む
新着情報一覧へ戻る