リポート アーティゾン美術館 開館記念展

長期休館中だった東京・京橋のアーティゾン美術館(旧ブリヂストン美術館、2019年に改称)が118日、旧ブリヂストン本社の跡地に建てられた高層ビル「ミュージアムタワー京橋」(地上23階)内に開館した。約5年にわたる工事・準備期間を経て、展示室は旧館の約2倍に。照明や空調も最先端の機器に一新された。

「見えてくる光景 コレクションの現在地」と題された開館記念展では、古代エジプトから現代まで、休館中の新収蔵作品を含む206点が展示されている。3月31日まで。

入館は日時指定予約制。チケットは同美術館のウェブサイトから購入する。

再会

国際的にも評価の高いコレクションが久々に公開された。マネ「自画像」、セザンヌ「サントヴィクトワール山とシャトー・ノワール」、青木繁「海の幸」、ポロック「ナンバー2、1952」などとの久しぶりの「再会」を楽しむファンも少なくない。

右の壁には「自画像」(右端)などマネの作品3点が並ぶ (6階)

 

中央の仮設壁にはセザンヌ「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」、左の壁にはモネ「黄昏:ヴェネツィア」 自在に配置された壁が空間に変化を与えている (6階)

 初お目見え

休館中に収集した絵画・彫刻など184点から、カンディンスキー、ジャコメッティ、ロスコ、松本竣介らの新収蔵作品31点が「デビュー」。

カンディンスキー「自らが輝く」(中央の仮設壁)、ブランクーシ「ポガニー嬢II」(右手の彫刻台) いずれも新収蔵作品 (6階)

  

斬新な展示

展覧会は2部構成で、第1部の「アートをひろげる」(6階)では、新しい造形世界を切り拓いた近現代美術の歩みに焦点をあてている。1870年代から現在に至るまでの作品74点が、洋の東西を越えて、ほぼ年代順に展示されている。

柱のないスペースに仮設壁が自在に立てられ、一見迷路のような空間だが、立つ位置を変える度に新しい「景色」が広がる。

左端はロートレック「サーカスの舞台裏」、右端はモネ「黄昏:ヴェネツィア」。左から2番目のメアリー・カサット「日光浴(浴後)」は新収蔵作品
上の写真ではロートレックの作品と同じ視界にあったモネの「黄昏:ヴェネツィア」が、数メートルの移動で青木繁「海の幸」(右)と対面し、異なる印象を醸し出す

 

大正時代の夭折の画家・関根正二の作品「子供」はマティス、ピカソを従えるかのように展示されている。

右から関根正二「子供」、マティス「縞ジャケット」、ブランクーシ「ポガニー嬢II」 「子供」の右にはピカソ「腕を組んですわるサルタンバンク」が並んでいる

  

2部「アートをさぐる」(5、4階)は、「装飾」「原始」「記録」など7つのテーマにしたがって、古今東西の表現の原点にアプローチする試み。古代エジプトから現代美術まで132点の作品が、時代や地域を越えて、一堂に展示されている。

「装飾」のコーナー(5階)には、古代ギリシャの壺や中近東の土器とともに、藤島武二「天平の面影」が展示されている。(5階)

 

「記録」のコーナー(4階)では、岸田劉生「街道(銀座風景)」(左)がゴッホ「モンマルトルの風車」(右)と隣り合わせ。この壁には藤田嗣治、松本竣介、ルソーらの作品も並んでおり、至近距離で見比べることができる

 

「聖俗」(4階)には古代エジプトなどの遺物も。コレクションの幅広さを感じさせる
5階から4階を見下ろせる吹き抜け。5階の壁面中央の大作は小杉未醒「山幸彦」。4階は「自画像」のコーナー

 

日本の美術ファンにとっては、青木繁、関根正二、松本竣介ら人気作家の作品を、同時代の西洋画家の作品と比べて見られる刺激的な場になりそうだ。五輪イヤーとなる2020年は、海外からの観光客も多く見込まれ、海外の美術愛好家にとっては馴染みの西洋美術とともに日本の近代美術を知る絶好の機会となるだろう。

展示を担当した学芸員の島本英明さんは「日本の近現代美術を西洋の作品と並べてみた。研究者にも一般の方にも発見があるはず」と期待を語る。

 

5階ロビー 右は古代エジプトの「セクメト神立像」

 

名作ぞろいのコレクションとともに、近現代美術の流れをふり返ることができる贅沢な機会だ。4月からは現代美術家・鴻池朋子の展覧会や、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展なども予定されている。

(読売新聞東京本社事業局専門委員 陶山伊知郎)

ロビーの家具もコレクションの一部。ガラスのベンチ(左)は倉又史朗(1934-91年)、波のような彫刻(右)は田中信太郎(1940-2019年)の作品だ

 

 

直前の記事

no image

新館長に蔵屋さん 横浜美術館

横浜美術館(横浜市西区みなとみらい)は現館長の逢坂恵理子さんが来月31日で退任し、4月1日付けで東京国立近代美術館企画課長の蔵屋美香(くらや・みか)さんが新館長に就任する。 蔵屋さんは1966年、千葉県生まれ。女子美術大

続きを読む
新着情報一覧へ戻る