400年にわたる西洋美術の名品が25年ぶりに来日 「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」開幕(東京・国立新美術館)

日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念し、ハンガリー最大の美術館であるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクションを紹介する「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」が4日、国立新美術館で開幕した。
本展では、16世紀ルネサンスから20世紀初頭のアヴァンギャルドの時代まで、約400年にわたるヨーロッパとハンガリーの絵画、素描、彫刻の名品130点が一堂に会する。会場にはルカス・クラーナハ(父)、ティツィアーノ、エル・グレコ、ティエポロ、クールベ、モネ、ルノワールといった巨匠に加え、20世紀初頭のドイツ前衛芸術の異才クルト・シュヴィッタースなど、日本では目にする機会の少ない19~20世紀ハンガリーの作家たちの名品が並ぶ。
「ドナウの真珠」と称えられるハンガリーの首都、ブダペストから一挙来日する珠玉の作品群。その表現の豊かさ、素晴らしさを堪能したい。2020年3月16日まで。

新着情報をもっと見る