リポート ハプスブルク帝国の「宝石箱」 リヒテンシュタイン侯爵家のコレクション 東京・渋谷で12月26日まで公開中

ウィーンの都市宮殿内部 © LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

 かつてハプスブルク帝国に仕えたヨーロッパの名門リヒテンシュタイン侯爵家。12世紀にリヒテンシュタイン城に居を構え、1719年に国として認められ神聖ローマ帝国の「帝国議会」に参加するようになった。17世紀末以降、代々の当主が築いたコレクションより、ルネサンスから19世紀までの絵画、中国や日本、ヨーロッパの磁器など約130点(寄託品5点を含む)を公開する「リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」が、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開かれている。同ミュージアムの上席学芸員、宮澤政男さんによると、同家の人々が私的な空間で味わった美術工芸品を中心に構成した展覧会だ。繊細さや高度な技巧が見どころ。豪華さを誇示するというよりも、手元で慈しみたい作品が並ぶ。1226日まで。東京展の後、宇都宮、大分、東京・八王子、仙台、広島へ巡回する。 

マイナルディ「洗礼者聖ヨハネと天使二人といる聖母子」(中)、ルーベンス「聖母を花で飾る聖アンナ」(左)などルネサンス、バロックの絵画は重厚さを漂わせる

 

名門侯爵家のコレクション

リヒテンシュタイン侯爵家は17世紀末以来、代々の君主が中心となってコレクションを築いてきた。同家の拠点もコレクションも長くウィーンに置かれていたが、1938年、ナチス・ドイツによるオーストリア併合に際して、スイス国境の領地にある侯国の首都ファドゥーツに「疎開」した。侯爵家の本拠地は現在もファドゥーツの城だが、美術品はウィーンに戻され、同家の宮殿で展示されている。バロック美術の巨匠ルーベンスの作品はその白眉と言われ、今回も数点が展示されている。

 

ウィーンにあるリヒテンシュタイン侯爵家の「夏の離宮」(サマー・パレス) ©Liechtenstein. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

 

輝く西洋磁器

ヨーロッパの王侯貴族は、17世紀以降、中国、日本のやきものに注目。金(きん)に匹敵するともいわれた高価な景徳鎮や有田焼を競って求めた。自らの嗜好に合わせ、輸入したやきものに金属の装飾が加えられ、一層豪華に仕立てられた。

中国・景徳鎮窯 金属装飾:イグナーツ・ヨーゼフ・ヴュルト「青磁金具付大壺」 磁器:清王朝(1644-1912年)金属装飾:1760-70年頃 磁器:青磁 装飾:鍍金されたブロンズ  中国・景徳鎮窯の磁器に金メッキを用いた装飾がほどこされた

 

やがてヨーロッパの王侯貴族は、中国や日本の陶磁器に匹敵するような硬質磁器の製造を目論む。まず18世紀初頭に、ドイツにマイセン焼が登場。化学者と自称「錬金術師」の力で磁器の焼成に成功し、生産も軌道にのった。続いてエナメル絵具による色絵付を導入して、華やかな絵付けが行われるようになった。

このマイセン焼の「秘法」は、窯師の引き抜きによりウィーンにもたらされる。上質な磁器に芸術性豊かな装飾を施した磁器がウィーンでも自力で生産されるようになった。リヒテンシュタイン侯爵家も収集するようになる。花や風景の絵付けによる華やかな工芸品が目を引く。油絵と見まがうような絵付けをされた磁器も現れた。  

ウィーン窯・帝国磁器製作所 絵付け:アントン・デーリング、イグナーツ・ヴィルトマン「金地花文ティーセット」 1815年 硬質磁器、金地、線刻、一部研磨、エナメルの上絵付け、赤のモロッコ革の収納ケース付

 

ウィーン窯・帝国磁器製作所 原画:ベルナルド・ベロット「ベルヴェデーレからのウィーンの眺望が描かれたコーヒーセット」1808年頃 硬質磁器、エナメルの上絵付け、金彩

 

ウィーン窯・帝国磁器製作所 ヨーゼフ・ニッグ「白ブドウのある花の静物」 1838年 硬質磁器、エナメルの上絵付け©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-VIenna  説明を読まなければ油絵と見間違えそうな磁器製の「静物画」だ

 

肖像画

一族の肖像画もヨーロッパの貴族社会の雰囲気を伝える。歴代のリヒテンシュタイン侯や侯女、侯妃の肖像の中には子供時代の姿を描いた作品も。少女のような面立ちの「フランツ1世、8歳の肖像」は女性の人気を集めているという。

ヨーゼフ・ノイゲバウアー「リヒテンシュタイン侯フランツ1世、8歳の肖像」 1861年 油彩、キャンヴァス  ©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-VIenna

 

東洋と西洋

宮澤さんは展示作業を監督しながら、東洋と西洋の美意識の違いを強く感じたという。輸入した有田焼や中国・景徳鎮のやきものに金属装飾を加えたり、後に自ら磁器製作ができるようになると華麗な油絵を絵付したりと、展示作品は派手さが目立つ。「石造り、華麗なシャンデリアという西欧の空間と、木と紙で構成される和の空間では、やはり求められる美意識が違いますね」という。

西欧の王侯貴族の贅沢な生活空間を満喫する一方、日本の美意識と比較してみるのもこの展覧会の味わい方のひとつのようだ。

 

建国300年 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展

20191012日(土)〜1226日(木) Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)

2020112日(日)〜224日(月・振休) 宇都宮美術館

2020年36日(金)〜419日(日)    大分県立美術館

2020年 52日(土)〜75日(日)東京富士美術館(八王子市)

2020年714日(火)〜96日(日)    宮城県美術館

2020年918日(火)〜1129日(日)   広島県立美術館

直前の記事

リポート 写楽のデビュー作などそろい踏み 「大浮世絵展」江戸東京博物館で来年1月19日まで

 浮世絵の代表的絵師5人の名作が一堂にそろう「大浮世絵展」が東京・両国の東京都江戸東京博物館で開かれている。喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の作品326点による「夢の競演」だ。来年1月19日まで。会期

続きを読む
新着情報一覧へ戻る