リポート 写楽のデビュー作などそろい踏み 「大浮世絵展」江戸東京博物館で来年1月19日まで

 浮世絵の代表的絵師5人の名作が一堂にそろう「大浮世絵展」が東京・両国の東京都江戸東京博物館で開かれている。喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の作品326点による「夢の競演」だ。来年119日まで。会期中、大幅な展示替えがある。

 

 オールスターの華やかさ

5人の絵師に絞っただけではなく、それぞれの代表作に焦点を当てた、いわばオールスター戦のような趣だ。北斎は「冨嶽三十六景」や「諸国瀧廻り」、広重は「東海道五拾三次」と風景画・名所絵が並び、近年人気が急上昇の歌川国芳は「宮本武蔵の鯨退治」など武者絵が賑やかさを添える。

葛飾北斎 「冨嶽三十六景 凱風快晴」江戸時代/天保2-4年(1831-33)頃、大判錦絵 東京都江戸東京博物館蔵 展示期間:2019年12月17日~2020年1月19日(東京会場)

 

歌川広重 「東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪」 江戸時代/天保5-7年(1834-36)、大判錦絵 ミネアポリス美術館蔵 Photo:Minneapolis Institute of Art 展示期間:2019年11月19日~12月15日(東京会場)

 

歌川国芳 「宮本武蔵の鯨退治」 江戸時代/弘化4年(1847)頃、大判錦絵3枚続 展示期間:2019年11月19日~12月15日(東京会場)

    

「世界一」の保存状態

有名な作品が並ぶというだけではない。国内外の優品を集結させたのもこの展覧会の見どころだ。浮世絵版画は明治時代の日本ではあまり顧みられず、ジャポニスム人気に沸く欧米に大量に流出した。現在でも、名作の過半は海外にあると言われる。今回、米メトロポリタン美術館、シカゴ美術館、ミネアポリス美術館など7美術館と1個人から、色の鮮やかさ、みずみずしさが目を奪う作品が海を渡って出品された。監修を務めた国際浮世絵学会の理事長、浅野秀剛さんが「とりわけ状態の良い作品を借りることができた」と胸を張るラインアップになった。

喜多川歌麿の美人画「青楼十二時(せいろうじゅうにとき) 続 子ノ刻(ねのこく)」はその代表格。ベルギー王立美術歴史博物館から出品されている「青楼十二時」の連作12点のひとつだが、余白に散らされた真鍮粉(しんちゅうこ)などが、フレッシュな生命感を漂わせ、いま摺りあがったばかりと錯覚させるほど。江戸東京博物館の学芸員、小山周子さんは「世界一クラス」と評する。

「青楼十二時 続 子ノ刻」(左) ベルギー王立美術歴史博物館蔵 (展示期間:11月19日~12月15日)

 

 注目の写楽

そして白眉は東洲斎写楽のデビュー作を集めた一室=写真下=だ。寛政6年(1794年)に江戸の版画界に突如として現れた写楽。江戸三座と呼ばれた三大芝居小屋で上演された顔見世興行を題材に、28点の役者絵を描いた。それまでの穏やかで優雅な浮世絵の人物像とは全く異なり、大胆で切れ味が鋭く、かつ魅力的な人物描写。当代のスター役者が演ずる役になり切った姿を、黒雲母摺を用いた暗色を背景に上半身だけとりあげ、目や口を極端にデフォルメ(変形)して特徴を際立たせた。28点中27点を集め、一部は複数の摺りを並べて展示するという稀有な機会だ。

 現在では市川海老蔵(えびぞう)を名乗った役者が後に市川團十郎を襲名するが、「市川鰕蔵の竹村定之進」の五代目團十郎は、團十郎を務めた後に鰕蔵(えびぞう)を名乗ったという。練達の名役者の風格が伝わってくる。

東洲斎写楽 「市川鰕蔵の竹村定之進」 江戸時代/寛政6年(1794)5月、大判錦絵 ボストン美術館蔵  Photograph © 2019 Museum of Fine Arts, Boston 展示期間:2019年12月17日~2020年1月19日(東京会場) 11月19日~12月8日はメトロポリタン美術館の所蔵品、11月19日~12月15日は江戸東京博物館の所蔵品を展示

 

異なる摺りを見比べる 

さらに同じ版の異なる摺りの作品が並べられ、狙いの変化を感じ取ることができるのも、この展覧会ならではの醍醐味だろう。たとえば「3代目大谷鬼次の江戸兵衛」は、128日までシカゴ美術館の所蔵品とベルギー王立美術歴史博物館の作品が隣り合って展示されている。同じ作品ながら、印象はずいぶん異なる。

「3代目大谷鬼次の江戸兵衛」 シカゴ美術館(右:通期展示)とベルギー王立美術歴史博物館(展示期間:11月19日~12月8日)。2作のそろい踏みは12月8日まで。

 

会期中、役者が入れ替わるように合計326点の作品が「顔」を見せる。展示替えにしたがって顔ぶれも組み合わせも変わり、個々の作品の魅力が異なって見えるはずだ。何度か足を運びたくなりそうな「夢の宴」だ。

 

大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演

20191119日(火)~2020119日(日) 東京都江戸東京博物館 

2020128日(火)~322日(日)     福岡市美術館

2020年43日(金)~531日(日)     愛知県美術館

直前の記事

「ハマスホイとデンマーク絵画」展 音声ガイドは女優・宮沢りえさんに決定!

「北欧のフェルメール」とも評され静謐な画風が特徴のヴィルヘルム・ハマスホイの傑作約40点を、19世紀デンマーク絵画の名品とともに紹介する本展の音声ガイドナビゲーターに、女優・宮沢りえさんが就任。静かに寄り添うような語り口

続きを読む
新着情報一覧へ戻る