メディアアーティストグループによる大規模個展 「ダムタイプ|アクション+リフレクション」開幕(東京都現代美術館)

日本を代表するメディアアーティストグループ“ダムタイプ”による大規模個展「ダムタイプ|アクション+リフレクション」が16日、東京都現代美術館で開幕した。
1984 年に京都市立芸術大学の学生を中心にマルチメディア・パフォーマンス・アーティスト集団として京都で結成されたダムタイプ。古橋悌二(1960-1995)を中心に、メンバーそれぞれが独自の表現活動を展開するなど、ヒエラルキーのない集団として注目された。
結成35周年にあたる今年開催される本展は、大型インスタレーションによる迫力ある作品を展示するとともに、独自のスタイルで若手アーティストに大きな影響を与える高谷史郎や池田亮司など、若いメンバーを得て活動を続けるダムタイプの現在を包括的にみせる試みだ。2020年2月16日まで。
※ 会期中に小規模展示替えを予定

直前の記事

リポート 「印象派からその先へ」展、東京・三菱一号館美術館で来年1月20日まで

ミレー、コローから印象派、エコールドパリの画家まで、フランス近代美術の主要画家の優品が並ぶ「印象派からその先へ ー世界に誇る吉野石膏コレクション展」が東京・丸の内の三菱一号館美術館で始まった。同コレクションは、通常、一部

続きを読む
新着情報一覧へ戻る