リポート 代表作「東京駅」の中で体感する建築家・辰野金吾の世界。東京ステーションギャラリーで11月24日まで

 

「日本近代建築の祖」とも呼ばれる辰野金吾(1854-1919年)の人間像に迫る「辰野金吾と美術のはなし」展が東京・丸の内の東京ステーションギャラリーで開かれている。同ギャラリーが位置する東京駅丸の内駅舎は、辰野の代表作のひとつで1914年(大正3年)に竣工した「東京駅丸ノ内本屋」(重要文化財)そのもの。重厚かつ温かみのある空間の中で、ロンドン留学中のスケッチ帳や東京駅の図面、親しかった画家・松岡壽(ひさし)の油彩、スケッチなど約70点が展示されている。11月24日まで。

 

松岡壽《辰野金吾肖像》1921年、辰野家

 

明治の学び舎(まなびや)

辰野が通った工部大学校には、工部美術学校が附属機関として設けられた。初の官設美術学校で松岡壽は第一期生だった。

 

工部美術学校で実際に使われた石膏像も展示されている。右手前は松岡壽の《工部美術学校画学教場》(1877-78年、個人蔵 =写真下)。訪れた人の石膏像へのまなざしに、明治の画学生の目線が重なる

 

英国留学

大学教育機関「工学寮(工部大学校)」を首席で卒業した辰野は、英国へ官費留学する。師ウィリアム・バージェスの事務所で実地見習いをする傍ら、英国内外を旅して城や大聖堂などのスケッチにも勤しんだ

《辰野金吾滞欧野帳》1881‒82年、辰野家 ©Osako Futoshi  建築の装飾部を細かいところまで描き留めている

 

滞欧中のスケッチブック2冊が展示されている(手前ケース内)ほか、未展示のスケッチブックを含め全ページの複写ファイルが並べられ(ケース向こう)、手に取って見ることが出来る

 

建築家として、美術の理解者として

帰国後は教育者、在野の建築家として活躍。留学時代に出会った洋画家・松岡壽とは終生の友となった。松岡は後に、日本初の洋画家団体・明治美術会の創設に関わった。辰野は明治美術会の活動を支援したほか、日本美術の振興にも尽力した。

後に辰野が建築の監督役を務めた大阪市中央公会堂(1918年)では、天井画などの装飾に松岡が起用された。辰野の意向を反映したものと考えられている。

 

辰野・葛西建築事務所《中央停車場建物建築図》1910年頃、鉄道博物館 ©Osako Futoshi  東京駅の設計は辰野の建築家としての集大成的な仕事でもあった

 

東京駅の青図(中央停車場建物建築図)は18点が展示されている。多くが初公開という

 

佐賀・唐津藩の下級藩士の家に生まれた辰野が、明治初期に創設まもない工部大学校で学び、海外体験を経て、明治・大正の日本近代建築の屋台骨を担うに至った歩みを、代表作「東京駅」そのものの中で振り返ることができる企画。「ここでしかできない」展覧会のひとつといえそうだ。 

 

 

後藤慶二「辰野博士作物集図」 1916年 辰野家  辰野の建築物のいわば「群像図」。日本銀行本店(中央の白い建物)や東京駅(右上端)など45件が描かれている。辰野は大学、裁判所なども含め生涯で約200棟を手掛けた

ワークショップでオリジナルグッズ

 展示室に続いて「好きな“金吾”モチーフでつくるオリジナルグッズ」のコーナーが設けられている。100種類以上のモチーフから好きな組み合わせを選んでオリジナルデザインのTシャツやバッグをつくるワークショップだ。

モチーフがプリントされたバッグ(右)
選んだモチーフをその場でプリントする

 

辰野金吾と美術のはなし
没後100年特別小企画展

2019112日(土)-1124日(日) 東京ステーションギャラリー (東京・丸の内)

 

連携企画として、日本銀行金融研究所の貨幣博物館(東京都中央区)で「辰野金吾と日本銀行日本近代建築のパイオニア」展も開催されている。辰野金吾が設計に関わった経緯や日本銀行本店の本館、支店の建物を紹介している。

辰野金吾と日本銀行日本近代建築のパイオニア
2019年921日(土)-128日(日) 日本銀行金融研究所貨幣博物館(日本銀行本店本館)

直前の記事

辰野金吾が設計した東京駅で振り返る 「辰野金吾と美術のはなし 没後100年特別小企画展」開幕

明治から大正にかけて日本の第一世代の建築家として活躍した辰野金吾(1854-1919)が没して2019年で100年を迎えるのを記念して、美術を切り口に辰野の事績を振り返る「辰野金吾と美術のはなし 没後100年特別小企画展

続きを読む
新着情報一覧へ戻る