ただゆるくてかわいいだけじゃない 「ZENGA 白隠と仙厓展」開幕(滋賀・佐川美術館)

江戸時代中期に活躍した臨済宗の禅僧・白隠(1685-1768)と仙厓(1750-1837)が数多く残した書画から、そのメッセージを読み解く「ZENGA 白隠と仙厓展」が1日、佐川美術館で開幕した。
白隠と仙厓。両者ともに、衆生済度(迷いの苦しみから衆生を救い、悟りの世界に渡し導く)の精神で、禅の普及に努めた人気の禅僧だが、禅の教えや体験を時に厳しく、時にわかりやすく伝えようと、数多くの自由で豪放な書画を残したことで知られる。それらの書画は一見するとユーモアあふれ、ゆるくてかわいいと評されがちだが、そこには社会風刺や謎かけ、説教などいろいろな仕掛けが散りばめられ、彼らの禅的真理の様態が表現されている。
本展では、一口に臨済宗の禅僧といっても、似て非なる白隠と仙厓の書画から、単純に「ゆるくてかわいい」だけではない、本来伝えられるべき禅の教えやメッセージを読み解くことで、禅画(ZENGA)の魅力を紹介しながら、改めて二人の禅僧の違いにも迫る。12月1日まで。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る