暮れなずむ空の美しさ 「黄昏の絵画たち  近代絵画に描かれた夕日・夕景」開幕(山梨県立美術館)

「夕日・夕景」のモテーフに着目し、東西両洋の画家たちの表現を紹介する特別展「黄昏の絵画たち  近代絵画に描かれた夕日・夕景」(山梨県立美術館ほか主催)が6月22日、山梨県立美術館で開幕した。
独特の光の移ろいや、情緒ある「夕日・夕景」は、多くの画家たちの心を捉え、数多くの名品が生み出されてきた。
本展では、クロード・モネ、ジョルジュ・ルオー、カミーユ・ピサロなど19世紀から20世紀にかけての西洋と、高橋由一、藤島武二、小野竹喬など、その影響を受けながら独自の風景表現を生み出そうとした近代日本を中心に、多様な表現紹介する。8月25日まで。

直前の記事

「ウィーン・モダン」展 【私の1点(上)】 藤井フミヤさん(ミュージシャン) 暗い表情 秘めた生命力

 クリムトが描いた最愛の女性は、華やかなドレスの幾何学模様とは対照的に、体全体がなんだかアンバランスで表情も暗い。それなのに妖艶(ようえん)で、内に秘めた生命力を感じる。クリムト作品のなかでも大好きな作品のひとつ。  僕

続きを読む
新着情報一覧へ戻る