「Seed 山種美術館 日本画アワード2019」入賞者決定

新しい時代の日本画壇をになう、優秀な若手アーティストを表彰する公募展「Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―」の入賞者が決定しました。

本アワードは、日本画の奨励・普及活動の一環として1971~97年まで開催された「山種美術館賞」が、2016年に山種美術館の創立50周年を記念してリニューアル。第2回となる今回は、189点の応募がありました。

入賞者は以下の通りです。

 

【大賞】

安原成美《雨後のほほ》

 

【優秀賞】

青木秀明《鴯鶓(えみゅー)ノ図 -飛べない鳥-》

 

【特別賞】

近藤守《nostalgie》

 

【奨励賞】

江川直也《雪野に佇む》

 

北川安希子《新天地》

 

外山諒《Loka-dhaatu》

 

永岡郁美《青想夜夢》

 

森萌衣《団欒》

 

以上8名
※奨励賞は五十音順

 

 

山種美術館で受賞作品展を開催します。

新進気鋭の若手画家たちによる、新たな日本画の世界をお楽しみください。

 

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】

Seed 山種美術館 日本画アワード2019 —未来をになう日本画新世代ー

会期:2019年8月10日(土)~8月23日(金) ※8月13日(火)、19日(月)は休館。

会場:山種美術館(東京・広尾)

入場料:一般700円、高大生500円、中学生以下無料

直前の記事

所蔵作品からデザインを考える 「デザインの(居)場所」開幕(東京国立近代美術館工芸館)

東京国立近代美術館が所蔵するデザイン作品から、つかみどころのないデザインの存在について問いかける「所蔵作品展 デザインの(居)場所」(東京国立近代美術館主催)が21日、東京国立近代美術館工芸館で開幕した。 デザインという

続きを読む
新着情報一覧へ戻る