日本の古美術って面白い! 「はじめての古美術鑑賞―画題を知る―」開幕(東京・根津美術館)

「日本の古美術は、西洋美術に比べて敷居が高い」「地味でわかりにくい」という声に応えるべく同館が企画した、「はじめての古美術鑑賞」シリーズの第4回目となる「はじめての古美術鑑賞 絵画のテーマ」(根津美術館主催)が25日、根津美術館で開幕した。
今回は日本絵画の「テーマ」を知るための展示を企画。水墨の作例を中心に、日本における様々な絵画のテーマの変遷をたどりながら紹介する。谷文晁筆《赤壁図屏風》=写真=は、豊かな詩情を幻想的に描いた文晁の名作。北宋の詩人・蘇東坡の名作「赤壁賦(せきへきのふ)」を描いている。
作品の中には、一目見ただけではわかり難いものもあるが、本展でその意味を知ることができれば、古美術絵画の重要テーマや意味や意義について、より深く作品を理解することにつながるだろう。7月7日まで。

直前の記事

独自の木版画表現を模索 「府中市制施行65周年記念 棟方志功展」開幕(東京・府中市美術館)

自らの木版画を板の中から生まれた「板画」と称し、独自の木版画表現を模索し続けた棟方志功の軌跡をたどる「府中市制施行65周年記念 棟方志功展」(府中市美術館主催)が25日、府中市美術館で開幕した。 1903年、青森に生まれ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る