2018年「美連協大賞」決定!

2018年の「美連協大賞」の受賞館、受賞者が312日、発表された。

全国147の公立美術館で組織する美術館連絡協議会(美連協)は毎年、加盟館で開かれた展覧会のなかで優れた企画、カタログ、論文を顕彰している。

今回、美連協大賞は、千葉市美術館、北九州市立美術館、静岡県立美術館の共同企画「1968年 激動の時代の芸術」に贈られることが決まった。(同展は324日まで、静岡県立美術館で開催)。

また、優秀カタログ賞には、「阿部展也-あくなき越境者」、「生誕130年 佐藤玄々(朝山)展」、「長谷川利行展」、「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」の4件が選ばれた。

そのほかの各賞の詳細はこちら。

直前の記事

19世紀のアート・シーンへ 「ラファエル前派の軌跡展」開幕(東京・三菱一号館美術館)

英・ヴィクトリア朝時代に結成された芸術同盟「ラファエル前派」に焦点を当てた「ラファエル前派の軌跡展」(三菱一号館美術館主催)が14日、三菱一号館美術館で開幕した。 1848年、社会が大きく変わりゆく中、ダンテ・ゲイブリエ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る