マンガ界を常にリード 「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」開幕(神奈川・川崎市市民ミュージアム)

『風と木の詩』『地球(テラ)へ…』などの作品で知られるマンガ家・竹宮惠子の画業50年を記念した「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」(川崎市市民ミュージアム主催)が2日、川崎市市民ミュージアムで開幕した。
1968年にプロデビューし、常にマンガ界をリードしてきた竹宮。なかでも1976年に発表された19世紀フランスの寄宿舎で繰り広げられる、思春期の多感な少年たちを中心とした代表作『風と木の詩』は、少年たちの同性愛、近親相姦、人種差別、虐待などのタブーに正面から取り組み、マンガ界のみならず、芸術表現の新しい扉を開いた。
今までに発表したマンガはのべ180作品、26,000ページにも及ぶ。本展ではその足跡を、設定資料やカラーイラスト、貴重な肉筆原稿など約150点でたどる。4月14日まで。

直前の記事

日本美を未来へ紡ぐ 御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」開幕(東京国立博物館)

宮内庁が所管する皇室ゆかりの作品の中から、両陛下が国内外に伝えた日本文化を象徴する作品を紹介する「特別展 御即位30年記念『両陛下と文化交流―日本美を伝える―』」(東京国立博物館ほか主催)が5日、東京国立博物館 本館特別

続きを読む
新着情報一覧へ戻る