フィリップス・コレクション展、閉幕迫る! 2月11日まで無休

アメリカを代表する近代美術館、フィリップス・コレクションが所蔵する傑作75点を紹介する「フィリップス・コレクション展」(東京・三菱一号館美術館)。ピカソ、ゴッホ、モネら、“全員巨匠”の豪華ラインアップに加え、コレクターの収集順に並べた展示方法など、この冬話題の美術展だ。

会期は2月11日(月・祝)まで、無休。1月28日(月)は「トークフリーデー」とし、展示室内でも声の大きさを気にせず、作品について自由に話しながら鑑賞できる。同伴者と作品の感想を語り合ったり、小さな子どもと一緒に行ったりするのもおすすめだ。また当日は、午前10時30分からのギャラリートークや、館内カフェでの割引など、お得なサービスも提供される。詳しくはこちら

 

直前の記事

世界最大規模の絵本原画コンクールから200点 「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま」が開幕(千葉市美術館)

ブラティスラヴァ世界絵本原画展の受賞作品、日本からのノミネート作品などを紹介する「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま」(千葉市美術館ほか主催)が20日、千葉市美術館で開幕した。 スロヴァキア共和国の

続きを読む
新着情報一覧へ戻る