世界最大規模の絵本原画コンクールから200点 「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま」が開幕(千葉市美術館)

ブラティスラヴァ世界絵本原画展の受賞作品、日本からのノミネート作品などを紹介する「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま」(千葉市美術館ほか主催)が20日、千葉市美術館で開幕した。
スロヴァキア共和国の首都・ブラティスラヴァで2年毎に開催される世界最大規模の絵本原画コンクール、ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)。26回目を迎えた2017年秋のコンクールでは、日本からは荒井真紀が《たんぽぽ》で金のりんご賞を、ミロコマチコが《けもののにおいがしてきたぞ》で金牌を受賞した。
本展では、芸術性が高い作品、実験的でユニークな作品が集まることでも知られる同原画展から、受賞作品、日本からのノミネート作品、そして今注目の中国、イラン、イスラエル、韓国の作品など、絵本原画約200点と絵本および関連資料で紹介する。3月3日まで。

直前の記事

国際的に活躍する作家 過去最大級の個展「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」開幕(東京・国立新美術館)

国際的にも高い評価を得ているイケムラレイコの過去最大規模の個展「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」(国立新美術館ほか主催)が18日、国立新美術館で開幕した。 1970年代にスペインに渡り、その後スイスを経て、

続きを読む
新着情報一覧へ戻る