世界初!「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」開催決定

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ひまわり》1888年、カンヴァスに油彩、92.1 x 73 cm ©The National Gallery, London. Bought, Courtauld Fund, 1924

2020 年3 月より東京・上野の国立西洋美術館で、2020年7 月より大阪・中之島の国立国際美術館で、世界初となる「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」の開催が決定しました。

ロンドン・ナショナル・ギャラリーは、英国ロンドン中心部のトラファルガー広場に面した世界有数の美術館で、13 世紀から20 世紀初頭までのヨーロッパ絵画の様々な画派を網羅した約2,300 点の作品を所蔵し、年間の来場者数は世界の美術館・博物館でもトップ5 に入る500 万人超を誇ります。

しかし所蔵作品の多くを常設展示している同館は作品の貸出に極めて厳しいことで知られ、これまで館外で所蔵作品展が開催されることは一度もありませんでした。この度、日本初公開となるゴッホの傑作《ひまわり》をはじめ傑作約60 点を一挙日本で公開することは、同館史上初の試みであり、歴史的な開催となります。

直前の記事

ユーモラスな浮世絵が集結 「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」開幕(東京・太田記念美術館)

浮世絵を「かわいい」「おかしい」をキーワードに紹介する「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」が5日、太田記念美術館で開幕した。 江戸時代の人たちの暮らしや文化を描いた浮世絵は、私たちが当時とまったく同じ感覚で楽しむことは難し

続きを読む
新着情報一覧へ戻る