「ブルーノ・ムナーリ」展 紹介VTR

 世田谷美術館(東京都世田谷区)で開催中の、「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」(読売新聞社、美術館連絡協議会など主催)。会場の様子の一部を、VTRで紹介します。
 絵本、遊具、オブジェなど、国内外から集めた約300点を展示。アートとの自由で豊かな付き合い方を提示してくれるムナーリの作品世界をお楽しみください。1月27日まで。

■「大人も子どもも親しめる作品たち『ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男』開幕(東京・世田谷美術館)」はこちら

直前の記事

2019年 米国で「日本美術に見る動物の姿」展

米国ワシントンD.C.のナショナル・ギャラリー・オブ・アートは、1988年の「大名美術展」以来、約10年ごとに大型の日本美術展を開催しており、2019年には「日本美術に見る動物の姿」展(5月5日~7月28日)を開く。 1

続きを読む
新着情報一覧へ戻る