「フィリップス・コレクション」展 夜間特別貸切鑑賞会を開催

東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催中の「フィリップス・コレクション展」の夜間特別貸切鑑賞会が、1211日(火)が行われました。

参加者は、閉館後の通常よりゆったりした空間で、作品に見入っていました。

同館学芸副グループ長の安井裕雄さんによるミニ解説も行われ、同館とフィリップス・コレクションの共通点や、創設者ダンカン・フィリップスの収集方法などが語られました。

美術展ナビでは、今後も読売IDをお持ちの方を対象に特別内覧会を実施します。どうぞお楽しみに。

近代美術の巨匠の傑作75点が鑑賞できる「フィリップス・コレクション展」は、2019211日まで。

直前の記事

西洋古典から現代日本まで 廃墟を描く「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」開幕(東京・渋谷区立松濤美術館)

廃墟、遺跡、都市をテーマとした美術作品に焦点を当てた「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」(渋谷区立松濤美術館ほか主催)が8日、渋谷区立松濤美術館で開幕した。 栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。

続きを読む
新着情報一覧へ戻る