「大報恩寺展」 【私の1点(中)】 近藤孝行さん(声優) 目を奪う右手の血管

重要文化財 目犍連立像(十大弟子立像のうち)快慶作 鎌倉時代・13世紀 撮影・小野祐次

大報恩寺の「十大弟子立像」は一体一体に個性があり、つい十体のうちのどの像が好みか考えてしまいます。
中でも「目犍連(もくけんれん)立像」はお気に入りで、右手の浮き出ている血管に目を奪われました。また目犍連は、超能力を使い自分の母親を地獄から救ったといわれる親孝行者。私の名前が「孝行」ですのでどこか親近感があります。
展覧会では、お寺とは展示方法が異なるため、普段とは違った姿を見ることができるのが楽しみです。(談)

近藤孝行さん(声優)

「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」は、上野の東京国立博物館平成館で12月9日まで開催中。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る