芸術を”考える”展覧会 特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」開幕(東京国立博物館)

伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャン(1887-1968)の創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」(東京国立博物館ほか主催)が2日、東京国立博物館で開幕した。本展は、同館とフィラデルフィア美術館との交流企画展。
「デュシャン 人と作品」「デュシャンの向こうに日本がみえる。」の2部構成。1部ではフィラデルフィア美術館のデュシャン・コレクション150余点によって、彼の創作活動の足跡を紹介。2部ではもともと西洋とは異なった社会環境の中で作られた日本の美術の意味や価値観を浮かび上がらせ、日本の美の楽しみ方を新たに提案する。
会場内にはデュシャン作品のほか、伝千利休の花入、長次郎の茶碗、東洲斎写楽や喜多川歌麿の浮世絵や俵屋宗達などの作品が並ぶ。会期中展示替えあり。12月9日まで。

直前の記事

京博120年の歴史上初の大規模刀剣特別展「京のかたな」が開幕!(京都国立博物館)

平安時代から現代までの山城鍛冶の作品を総括して紹介する特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」(京都国立博物館ほか主催)が29日、京都国立博物館で開幕した。 王城の地・京都では、平安時代から現代にいたるまで、多くの刀工

続きを読む
新着情報一覧へ戻る