曾我蕭白に傾倒した天才絵師「横山華山」展開幕(東京ステーションギャラリー)

江戸時代後期、京都で活躍した人気絵師・横山華山の画業に光を当てた「横山華山」展(東京ステーションギャラリーほか主催)が22日、東京ステーションギャラリーで開幕した。
奇想の画家・曾我蕭白(そがしょうはく)に傾倒し、岸駒(がんく)に入門した後、呉春(ごしゅん)に私淑して絵の幅を広げ、多くの流派の画法を身につけた華山。彼は自由な画風と筆づかいで人気を博し、多くの門人も抱えていた。しかし没後しばらくは名が知られたものの、今や知る人ぞ知る絵師となってしまった。
本展では、華山の多彩な画業を系統立てて紹介する初めての回顧展。ボストン美術館や大英博物館に渡った名品も里帰りし、曾我蕭白や弟子たちの作品も含め、約100点の展示で、華山の画業の魅力に迫る。11月11日まで。会期中一部展示替えあり。

直前の記事

理想の手作りの暮らしを実践「カール・ラーション」展開幕(東京・東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)

暮らしを芸術に変えた画家、カール・ラーションに迫る「カール・ラーション」展(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館ほか主催)が22日、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開幕した。 家族をモティーフにした温かい作

続きを読む
新着情報一覧へ戻る