史上空前の祭典、「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」開催ッ!(東京・国立新美術館)

Ⓒ荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

漫画家・荒木飛呂彦氏による『ジョジョの奇妙な冒険』をテーマにした、史上空前の祭典「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」(主催:国立新美術館ほか)が24日、国立新美術館で開幕した。
同作は1987年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載がスタート。シリーズ累計発行部数は1億部を超え、根強い人気を誇る。本展では、作品そのものはもちろんのこと、その世界観や影響力が波紋のように拡がっていくさまを、豊富な肉筆原画や関係資料などをとおして紹介する。
また会場には、本展のために荒木氏が描き下ろした完全新作の大型原画12枚や、各分野で活躍する気鋭のアーティスト、小谷元彦、森永邦彦、WOWとのコラボレーション作品も展示される。
本展は完全日時指定制・数量限定でのチケット販売。事前に完売した回の当日販売は行わない。10月1日まで。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る