ガラスの魅力を紹介「ベニス発!謎解き ガラスの美術館」が開幕(茨城・笠間日動美術館)

ガラスアートを紹介する「ベニス発!謎解き ガラスの美術館」(笠間日動美術館主催)が4日、笠間日動美術館で開幕した。
ガラスの起源は謎に包まれており、今から約5000年前から存在していたと考えられている。ガラスは我々にとってとても身近なものであるが、その光沢や透明感、繊細さには独特の美しさがあり、文化や時代によって形や姿を変え、人々を魅了してきた。
本展では、現代日本の洋画家たちとイタリア・ベニスのガラス職人とのコラボレーションによるユーモラスな「ガラスアート」、そして「ガラス絵」とガラスをテーマにした「油彩画」を展示。ガラスアートの不思議な世界を体験できる。9月30日まで。

直前の記事

戦後日本画壇で活躍「横山操展~アトリエより~」が開幕(東京・三鷹市美術ギャラリー)

戦後日本画の革新に取り組んだ画家・横山操を紹介する「横山操展~アトリエより~」(三鷹市美術ギャラリー・(公財)三鷹市スポーツと文化財団主催)が4日、三鷹市美術ギャラリーで開幕した。 自らの生きる「今」を力強い大画面の日本

続きを読む
新着情報一覧へ戻る