不思議な世界観で魅了する「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」が開幕(東京・八王子市夢美術館)

世界中に熱狂的なファンを持つアメリカの絵本画家エドワード・ゴーリーの、多彩な制作活動をたどる「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」(公益財団法人 八王子市学園都市文化ふれあい財団主催)が13日、八王子市夢美術館で開幕した。
ナンセンスとユーモアを宿した不思議な世界観やモノクロームの緻密な線描、ミステリー小説のような物語、押韻・造語・古語などを駆使した文章で多くの人々に愛されるゴーリー。そんな彼の仕事は、イラストや文章をはじめ、挿絵、舞台・衣装のデザイン、ポスターデザインなど多岐にわたる。
本展では、貴重な原画・草稿・書籍などからゴーリーの多彩な制作活動をたどり、謎に満ちた優雅な秘密に迫る。9月2日まで。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る