モネと後世の作家の競演「モネ それからの100年」が開幕(神奈川・横浜美術館)

印象派を代表する画家クロード・モネの芸術の豊かさに迫る「モネ それからの100年」(横浜美術館ほか主催)が14日、横浜美術館で開幕した。

モネが画業の集大成となる《睡蓮》大装飾画の制作に着手してから約100年。モネの躍動する線、響き合う色、ゆらめく光や大気の一瞬をとらえる眼差しは、今日も世界中の人々を魅了し、その絵画の特質・独創性は、現代の作家たちにさまざまな形で引き継がれてきた。

本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家(アンディ・ウォーホル、アルフレッド・スティーグリッツ、鈴木理策、福田美蘭ほか)による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにする。9月24日まで。

直前の記事

彗星の如く現れた天才「没後50年 河井寛次郎展」開幕(東京・パナソニック 汐留ミュージアム)

日本近代陶芸を代表する陶芸家、河井寛次郎の全貌を紹介する「没後50年 河井寛次郎展」(パナソニック 汐留ミュージアムほか主催)が7日、パナソニック 汐留ミュージアム(東京・汐留)で開幕した。 独創的な造形表現で、国内外か

続きを読む
新着情報一覧へ戻る