すべてが代表作「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる!ー埼玉の巻ー」開幕(埼玉県立近代美術館)

漫画界の鬼才、浦沢直樹の創作活動の全貌を紹介する「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる!-埼玉の巻-」(読売新聞社ほか主催)が7日、埼玉県立近代美術館で開幕した。

『YAWARA!』、『MONSTER』、『20世紀少年』など、これまでに発表された作品すべてが代表作と言っても過言ではない漫画家、浦沢直樹。手がけたジャンルはスポーツ、SF、ミステリーなど多岐にわたり、卓越した画力と巧みなストーリー展開で多くの読者を魅了し続けている。

本展では、直筆原稿のほか、構想メモ、秘蔵にイラストやスケッチ、そして少年時代の漫画ノートなど、膨大な数の手稿でその創作の秘密と、圧倒的な熱量に迫る。9月2日まで。

直前の記事

彗星の如く現れた天才「没後50年 河井寛次郎展」開幕(東京・パナソニック 汐留ミュージアム)

日本近代陶芸を代表する陶芸家、河井寛次郎の全貌を紹介する「没後50年 河井寛次郎展」(パナソニック 汐留ミュージアムほか主催)が7日、パナソニック 汐留ミュージアム(東京・汐留)で開幕した。 独創的な造形表現で、国内外か

続きを読む
新着情報一覧へ戻る