原寸大の動物彫刻と出会う「三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA」が開幕(神奈川・横須賀美術館)

三沢厚彦の動物シリーズ「アニマルズ」の現在を紹介する「三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA」(横須賀美術館ほか主催)が30日、横須賀美術館で開幕した。

ネコやイヌなど身近な小型の動物からサイやシロクマといった大型動物、そしてユニコーンをはじめとする空想上の動物まで、様々な動物をほぼ原寸大でクスノキから彫りだして彩色した作品は、圧倒的な存在感をもって鑑賞者に迫る。

本展では、白を基調とする同館の空間に、新作を含む彫刻と絵画、ドローイングを展示。非再現的な独自の動物表現により、新たなリアリティを提示する三沢作品の魅力を余すことなく紹介する。なお、展示室以外にも作品が展示され、撮影可能な作品も。9月2日まで。

直前の記事

秀吉が愛蔵した小面が再会「金剛宗家の能面と能装束」が開幕(東京・三井記念美術館)

京都の金剛流宗家が所蔵する能面と能装束を紹介する「金剛宗家の能面と能装束」が30日、東京・日本橋の三井記念美術館で開幕した。 室町時代に、観阿弥・世阿弥親子によって大成した能楽。その歴史は古く、社寺に奉納する神事芸能とし

続きを読む
新着情報一覧へ戻る