だまし絵の巨匠「ミラクル エッシャー展」開幕(東京・上野の森美術館)

「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-の生涯をたどる「ミラクル エッシャー展」(産経新聞社など主催)が6日、東京の上野の森美術館で開幕した。
版画で作られた緻密かつ独創的な作品で知られるエッシャー。実際にありそうで現実にはない風景や、一つの絵の中に重力が異なる世界が存在する風景などを描いた作品は唯一無二と評され、世界中の人々を魅了してきた。生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から、代表的な作品をはじめ、初期作品や資料など選りすぐりの約150点を日本初公開し、エッシャーの謎に迫る。7月29日まで。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る