美人画に恋い焦がれる「恋する日本画」展が開幕(富山県水墨美術館)

名都美術館の名品を紹介する「名都美術館名品展 恋する日本画」 (富山県ほか主催)が25日、富山県水墨美術館で開幕した。
近現代のすぐれた日本画コレクションで知られる名都美術館(愛知県長久手市)は、実業家・林軍一氏が会社経営の傍ら長年にわたって収集した作品を中心に、400点を超える日本画を所蔵している。気品ある美しさ、心を癒す優しさという観点から収集され、美術愛好家に高い人気を誇っている。
本展では、同館の日本画コレクションから名品を選りすぐり、上村松園や伊藤小坡が描いた美人画と、横山大観ら近代日本画の巨匠たちに焦点をあて紹介する。7月8日まで。展示替えあり。

直前の記事

新日本プロレス 棚橋弘至さんが展覧会サポーターに就任! 「ミケランジェロと理想の身体」展(国立西洋美術館)

鍛えあげられた現代の“理想の身体美“をもつ新日本プロレス・棚橋弘至さんが「ミケランジェロと理想の身体」展のサポーターに就任しました。展覧会公式サイトなどで、出品作品の身体美について語って頂くほか、展覧会公式ツイッターなど

続きを読む
新着情報一覧へ戻る