プラド美術館展 【私の1点(4)】 小松原庸子さん(スペイン舞踊家) 聖家族 ヨセフ中心に

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ 「小鳥のいる聖家族」 1650年頃 ©Museo Nacional del Prado

 優しく温かな作風のムリーリョは、好きな画家の一人です。この聖家族像は、父ヨセフを中心に描かれているのが珍しいですが、キリストや子犬の愛らしさはいかにも彼らしいですね。
 ムリーリョやベラスケスの故郷セビリアがあるアンダルシア地方は、フラメンコ発祥の地。初めてセビリアを訪ねたときに宿泊したのは、画家の名を冠したホテルムリーリョでした。
 今では少なくなりましたが、かつては信心深いダンサーが多く、十字を切って祈りを捧(ささ)げてから舞台に臨んでいたことも思い出します。(談)

小松原庸子さん(スペイン舞踊家)

直前の記事

プラド美術館展 【私の1点(3)】 上田晋也さん(タレント) 自然体 優しさにじむ

 ベラスケスの絵画は、うまいだけではない、心に訴えかける力がある。いわば直球だけで勝負できる。  宮廷画家として国王、王太子の肖像を描くときは気を使い、威厳をもって描かなければならない中、この「バリェーカスの少年」は自然

続きを読む
新着情報一覧へ戻る