ルーヴル美術館展 記者発表会開催

オフィシャルサポーターに就任した俳優の高橋一生さん

フランス・ルーヴル美術館が所蔵する名作を紹介する「ルーヴル美術館展 肖像芸術――人は人をどう表現してきたか」(日本テレビ放送網、読売新聞社など主催)の記者発表会が8日、日本テレビ本社(東京都港区)で開かれた。
俳優の高橋一生さんがオフィシャルサポーターに就任した。音声ガイドも担当し「皆さんが美術に没頭できるよう、助けになるような音声ガイドができれば」と豊富を語った。
同展ではヴェロネーゼの傑作「女性の肖像」、通称「美しきナーニ」をはじめ、古代から19世紀までの「肖像」をテーマにした名作約110点を展示する。
5月30日から9月3日まで東京・六本木の国立新美術館で、9月22日から来年1月14日まで大阪市立美術館でそれぞれ開催する。

展覧会ホームページ  http://www.ntv.co.jp/louvre2018

直前の記事

新着情報一覧へ戻る