《接吻》の謎に迫る 特別描きおろし漫画プロジェクト決定

 

人気漫画家 あべ美幸
特別描きおろし作品「ロダン『接吻』の秘密」公開決定!

 

本展覧会に出品されるオーギュスト・ロダンの大理石彫刻《接吻》。その題材や、作品背景に迫るオリジナル漫画を公開します。彫刻に彫り出された2人の男女はなぜ、情熱的な瞬間を迎えたのか。人気漫画家あべ美幸の描く作品で、そのエピソードを紐ときます。2018年2月に展覧会公式サイトにて公開予定。詳細は後日、本サイトにて発表します。

 

◆あべ美幸プロフィール(漫画家/宮城県出身)
代表作『SUPER LOVERS』はコミックス11巻まで刊行中。2016年~2017年にかけてTVアニメ化もした。また同じく連載中の『八犬伝―東方八犬異聞―』は16巻まで刊行中で、TVアニメ化のほかミュージカル舞台化もしている。株式会社KADOKAWAにて刊行中のシリーズは累計490万部。現在、雑誌『エメラルド』(KADOKAWA刊行)にて上記2作品を連載中。

直前の記事

(下)朝顔 ドーム兄弟も魅了

葛飾北斎は、エミール・ガレやドーム兄弟といったアール・ヌーボーの作家たちにも影響を与えた。19世紀末から20世紀初頭にかけて優雅な装飾を追求した彼らは、北斎の描く動植物を工芸品の図案の参考にした。デザイン性に優れ、生き生きとした描写が新鮮だったからだ。西洋には切り花などを題材にした静物画はあったが、土に根を下ろした植物を主役に据える作品はほとんどなかったのだ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る