鮫島圭代の「この名画を見に、ミュージアムへ! vol.10」 特別展「日本美術をひも解くー皇室、美の玉手箱」

 

特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」

  • 会期

    2022年8月6日(土)9月25日(日) ※会期中、作品の展示替えおよび巻替えがあります
  • 会場

  • 観覧料金

    一般2,000円(1,800円)、高・大学生1,200円(1,000円)

    ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料

    ※( )は前売り料金、詳細はチケットページを参照。

  • 休館日

    月曜日(ただし、9月19日(月・祝)は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • カレンダーへ登録

展覧会公式HP(https://tsumugu.yomiuri.co.jp/tamatebako2022/

※会期中、作品の展示替えおよび巻替えがあります
前期展示:① 8月6日(土)~8月28日(日)/ ② 8月6日(土)~9月4日(日)
後期展示:① 8月30日(火)~9月25日(日)/ ② 9月6日(火)~9月25日(日)


鮫島圭代 Tamayo Samejima
美術ライター、翻訳家、水墨画家
学習院大学美学美術史学専攻卒。英国カンバーウェル美術大学留学。美術展の音声ガイド制作に多数携わり、美術品解説および美術展紹介の記事・コラムの執筆、展覧会図録・美術書の翻訳を手がける。著書に「コウペンちゃんとまなぶ世界の名画」(KADOKAWA)、訳書に「ゴッホの地図帖 ヨーロッパをめぐる旅」(講談社)ほか。また水墨画の個展やパフォーマンスを国内外で行い、都内とオンラインで墨絵教室を主宰。https://www.tamayosamejima.com/

鮫島さんは「紡ぐプロジェクト」でも学芸員さんのインタビュー記事などを執筆しています。

新着情報をもっと見る