河野沙也子の「漫画で紹介、先輩画家」 第4回 寺島紫明

好評の日本画家・河野沙也子さんの連載も4回目。ますます冴えてます。今回は鏑木清方の門下で、美人画で名高い寺島紫明です。

慎ましやかな暮らしの中で、あの生々しさを秘めた女性像を描いていたのか、と思うと興味深いですね。イマジネーションの豊かさを伺わせます。

多芸多才ながら、飾らない人柄で愛されたのですね。作品を鑑賞する際も、ぐっと親しみが持てそう。まとまった展覧会があったらぜひ改めて見直したいです。

河野沙也子(かわの・さやこ)さん 日本画家。1996年、兵庫県生まれ。2019年、京都市立芸術大学美術学部日本画専攻卒業。2021年、同芸術大学修士課程美術研究科絵画専攻日本画修了。

(読売新聞美術展ナビ編集班)

◇あわせて読みたい

河野沙也子の「漫画で紹介、先輩画家」 第3回 上村家の人々

河野沙也子の「漫画で紹介、先輩画家」 第2回 島成園 女性作家の先駆者として

河野沙也子の「漫画で紹介、先輩画家」 第1回 奥村土牛 その真摯な人柄

直前の記事

【和田彩花のカイエ・ド・あーと】第11回 フェルメール《窓辺で手紙を読む女》

フェルメール《窓辺で手紙を読む女》 美術に興味を持ち、時間を見つけては美術館に通い始めていた高校生の頃、私が一番好きだった絵画のジャンルは、オランダの絵画でした。 フェルメールの作品を展示で見る機会が多かったのはもちろん

続きを読む
新着情報一覧へ戻る