【新企画】河野沙也子の「漫画で紹介、先輩画家」 第1回 奥村土牛 その真摯な人柄

日本画家を中心に、先輩作家たちの人となりをわかりやすく漫画で紹介して人気の日本画家・河野沙也子さん(https://twitter.com/aaoaao5)が、「美術展ナビ」にオリジナル作品を定期的に提供してくれることになりました。第1回は、山種美術館(東京・広尾)で11月13日(土)から回顧展がはじまる巨匠、奥村土牛です。

作品づくりに精魂を込めた様子がうかがえますね。河野さんはもうひとつ、土牛の隠れたエピソードを漫画にしてくれました。

こちらは一転、ほのぼのとした人柄をしのばせます。展覧会場で作品をみるときに、思い出して笑ってしまいそうですね。

河野さんには今後、月一回ほどのペースで作品を提供してもらう予定です。河野さんは「日本画に携わるものとして、芸術に打ち込んだ先輩たちの姿を伝えていきたいです。専門的になりすぎないよう、なるべく楽しいエピソードを盛り込んでいきます」と話しています。

河野沙也子(かわの・さやこ)さん 日本画家。1996年、兵庫県生まれ。2019年、京都市立芸術大学美術学部日本画専攻卒業。2021年、同芸術大学修士課程美術研究科絵画専攻日本画修了。

(読売新聞美術展ナビ編集班)

★あわせて読みたい

【巨匠たちの素顔、知ってほしい】「日本画家紹介漫画」の日本画家・河野沙也子さんに聞く

【開幕】「奥村土牛 -山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾-」山種美術館(東京・広尾)で来年1月23日まで

絵は人柄 開館55周年記念特別展「奥村土牛ー山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾ー」 山種美術館(東京・広尾)で11月13日から開催

直前の記事

【探訪】 溢れ出る求法の熱  伝教大師1200年大遠忌記念  特別展「最澄と天台宗のすべて」

「最澄と空海」と並び称される二人。天才型の空海(774-835)に対し地味な印象がある最澄(767-822)だが、平安以後の日本仏教の原型を作ったと言っても過言ではない。融通念仏宗の良忍、浄土宗の法然、浄土真宗の親鸞、時

続きを読む
新着情報一覧へ戻る