オーギュスト・ロダン《考える人》【「ポケモン」で読み解く、話題の1点!】第3回

オーギュスト・ロダン《考える人》

オーギュスト・ロダン≪考える人≫ 1881-82年 ブロンズ 国立西洋美術館(松方コレクション) 撮影:上野則宏

 

近代彫刻の父オーギュスト・ロダン。《接吻》や《カレーの市民》など、数多くの名作を残していますが、やはりその代表作は、考えるまでもなく《考える人》でしょう。国立西洋美術館の前庭には拡大作が、現在開催中の“松方コレクション展”ではオリジナルサイズが、それぞれ展示されています。‟考える“人という名ではあるものの、体つきは学者タイプではなく、まるでアスリート。一見すると楽そうに見える、右ひじを左膝の上につき、右手の甲に顎を乗せるこのポーズですが、実際にやってみると、かなり体に負荷がかかります。一度、僕も真剣にチャレンジしたことがありますが、20分が限界でした。

さてさて、《考える人》の強靭な肉体を見ていると、頭に思い浮かんでくるのが、かいりきポケモン・ゴーリキー。ポケモンずかんにある「ぜんしんの きんにくに ちからが みなぎっている。じっと していても すごい いあつかんを だしている。」というフレーズは、《考える人》の感想にもピッタリ当てはまるかもしれません。なお、ゴーリキーは「ちょうこくの モチーフとして にんき。 きたえぬかれた きんにくが おおくの げいじゅつかを とりこに している。」とのこと。もしかすると、ポケモンの世界のどこかには、ゴーリキーをモデルにした《考えるゴーリキー》があるかもしれませんね。

 

(アートテラー・とに~)

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

▽この作品を鑑賞できる美術展はこちら

国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展

開催中~2019923日(月・祝) 国立西洋美術館

国立西洋美術館が1959年に設立されるきっかけとなった「松方コレクション」。西美開館60周年を記念した本展では、今はオルセー美術館に所蔵されているゴッホの傑作≪アルルの寝室≫や、長年行方が分からず2016年に発見されて話題を呼んだモネの≪睡蓮、柳の反映≫など、国内外に散逸した名品も含めた松方旧蔵作品など約160点を歴史資料とともに展示しています。

 

過去の「『ポケモン』で読み解く、話題の1点!」はこちら

 

*******************

アートテラー・とに~

1983年生まれ。元吉本興業のお笑い芸人。
芸人活動の傍ら趣味で書き続けていたアートブログが人気となり、現在は、独自の切り口で美術の世界をわかりやすく、かつ楽しく紹介する「アートテラー」として活動。
美術館での公式トークイベントでのガイドや美術講座の講師、アートツアーの企画運営をはじめ、雑誌連載、ラジオやテレビへの出演など、幅広く活動中。
アートブログ https://ameblo.jp/artony/
《主な著書》 『ようこそ!西洋絵画の流れがラクラク頭に入る美術館へ』(誠文堂新光社) 『こども国宝びっくりずかん』(小学館)

 

直前の記事

作家・大岡玲 ×「メスキータ」展 【スペシャリスト 鑑賞の流儀】

「スペシャリスト 鑑賞の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍するスペシャリストが話題の美術展を訪れ、一味違った切り口で美術の魅力を語ります。 作家の大岡玲さんに、東京ステーションギャラリー(東京駅)の「メスキータ」展(

続きを読む
新着情報一覧へ戻る