デザイナーゆかりのパリのファッション美術館 【パリ発!展覧会プロデューサー・今津京子のアート・サイド・ストーリー】第4回 

左:「エイドリアンとアライア スーツの芸術」展(アズディン・アライア協会) 右:最上階にあるサンローランのアトリエ(イヴ・サンローラン美術館)

「オルセー美術館展」(2014年)、「プラド美術館展」(2018年)などこれまでに日本国内で数十の大型展覧会を手がけたパリ在住の展覧会プロデューサー、今津京子氏によるレポートです。

3月に入って最初の火曜日5日の夕方、二つの展覧会のオープニングが重なってはしごをして来ました。いよいよ春の展覧会シーズンが始まったという実感です。この10年ほどでしょうか、欧米の大都市の美術館では会場ごとに春3月または4月から夏休み前までの間、秋は9月中旬から12月または1月初旬までの期間と、年2本の展覧会というスケジュールが固まってきました。実はこのスケジュールは、美術館スタッフの休暇に大きく関係しているのです。

 

展覧会は、展示室の壁を施工、塗装し、作品を搬入して展示しますが、ヨーロッパではこの工程に約3週間から1ヶ月、 撤収は10日から2週間はかかります(日本は作業の効率が良く、一般的に短い期間で行っています)。秋の展覧会の場合、終了時期は、12月中旬までに終了してクリスマス前に作品を所蔵者に返すか、あるいは新年明けてから終了するかのどちらかになります。ヨーロッパではクリスマス休暇前後に作業を入れることはそもそも考えていませんし、それは働く人々にとって当然のことと考えられています。

 

その結果、1月後半から3月前半にかけてはどの美術館も展示品の入れ替わりの時期となります。だから開催時期は事前に調べておくことが大事です。フランスに来てみたものの展覧会がほとんど開催されていない。どこに行ったらいいでしょうとよく尋ねられるのですが、最近は前述のカレンダーに関係のない次の美術館をお勧めしています。パリならではのファッションの美術館で、両方とも有名な物故デザイナーのゆかりのあった場所でその雰囲気も楽しむことができます。

 

イヴ・サンローラン美術館

パリ中心部高級ブティック街の近くにある邸宅は、1974年から2002年までイヴ・サンローランがオートクチュールメゾンの本店としていた歴史的な場所。2017年に美術館となりました。最上階には本人の仕事部屋があり、メガネ、筆、インスピレーションを受けた本などが往時をしのばせる形でそのまま残されています。また、サンローランとパートナーのピエール・ベルジェが作った財団は、膨大なドレスのコレクションを持っていて、一部が美術館で展示されています。

現在開催中の展覧会「所蔵品の新展示」では、最初の部屋に画家ピエト・モンドリアンにインスピレーションを得た1965年秋冬コレクションを展示し、サンローランの革新性、前衛性を紹介しています。オートクチュール全盛期のドレスの素晴らしさはもちろん、ファッション史にサンローランが刻んだ足跡をたどることができます。この展示は今年1231日まで。

「所蔵品の新展示」展示風景

 

アズディン・アライア協会

ファッションの最先端マレ地区のパリ市庁舎近くに、鉄骨組みのガラス屋根に覆われた、隠れ家のような展示スペースがあります。2017年に急逝したデザイナー、アズディン・アライアのアトリエと住まいだった場所。チュニジア出身のアライアは、1980年代に身体のラインを際立たせる「ボディーコンシャス」というスタイルを確立し、バブル期の日本でも一世を風靡しました。彼は、コレクターとしても多くの服やアート作品などを収集し、保存する団体を生前に設立していて、その団体が昨年からこの建物で展覧会を定期的に開催しています。

現在、「エイドリアンとアライア スーツの芸術」という展覧会が開催中。エイドリアンとは20年代からハリウッドで映画衣装を手掛けたギルバート・エイドリアン(1903-59年)のこと。大女優、グレタ・ガルボが出演した「マタ・ハリ」や「椿姫」などの衣装を担当したことで知られています。アライアは約150点の彼の衣装を持っていますが、今回はその中からスーツを選んで、アライアのスーツとともに対比させるように展示しています。大きな肩、絞られたウエスト。いずれの作品も女性の力強さやたくましさを感じさせ、2人のデザイナーの世界がつながっているのを実感できます。6月23日まで。

「エイドリアンとアライア スーツの芸術」展示風景

 

 (展覧会プロデューサー 今津 京子)

 

直前の記事

版画家・村上早さんの幸運な展覧会 【きよみのつぶやき】第11回 「gone girl 村上早 展」

ベテランアート記者・高野清見が、美術にまつわることをさまざまな切り口でつぶやくコラムです。 ◇ 「gone girl  村上早展」 2019年1月12日(土)〜3月17日(日) 長野県 サントミューゼ・上田市立美術館 ※

続きを読む
新着情報一覧へ戻る