芸術家の人生の物語を上映する「アート・オン・スクリーン」が日本に初上陸

芸術家の人生の物語を上映する映画シリーズ『アート・オン・スクリーン』が日本に初上陸。6月23日から東京・東銀座の東劇、愛知・名古屋のミッドランドスクエアシネマ、大阪・なんばパークスシネマ、兵庫・神戸国際松竹ほかで上映されます。

2018年の上映作品には、ミケランジェロ・ブオナローティ自身の言葉や専門家の解説と共に、その人生に迫る『ミケランジェロ:愛と死』(監督:デイビッド・ビッカースタッフ)、クロード・モネが残した2500通を超える手紙や彼自身の言葉を通して、モネの一面に迫る『私は、クロード・モネ』(監督:フィル・グラブスキー)、フィセント・ファン・ゴッホの世界を、オランダのアムステルダムのファン・ゴッホ美術館のキュレーターへのインタビューなどを交えて紹介する『フィセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点』(監督:デイビッド・ビッカースタッフ)の3作を予定。

第一弾となる『ミケランジェロ:愛と死』の予告編

≪上映スケジュール≫
※最新情報はアート・オン・スクリーン公式サイト(artonscreen.jp)
【東京】東劇
6月23日(土)~7月13日(金)「ミケランジェロ 愛と死」
7月14日(土)~8月3日(金)「私は、クロード・モネ」
10月6日(土)~10月26日(金)「フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点」
【愛知】名古屋 ミッドランドスクエアシネマ
6月23日(土)~7月6日(金)「ミケランジェロ 愛と死」
7月14日(土)~7月27日(金)「私は、クロード・モネ」
10月6日(土)~10月19日(金)「フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点」
【大阪】なんばパークスシネマ
6月23日(土)~7月6日(金)「ミケランジェロ 愛と死」
7月14日(土)~7月27日(金)「私は、クロード・モネ」
10月6日(土)~10月19日(金)「フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点」
【兵庫】神戸国際松竹
6月30日(土)~7月13日(金)「ミケランジェロ 愛と死」
7月14日(土)~7月27日(金)「私は、クロード・モネ」
10月6日(土)~10月19日(金)「フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点」

 

新着情報をもっと見る