• 調度を彩る蒔絵の美

    蒔絵は器体に漆で描いた文様が乾かない内に、その部分に金銀等の粉を蒔きつけて定着させる技法だ。古くは社寺に奉納する神々のための道具等に施されたが、後に生活空間における道具類、いわゆる調度品にも用いられるようになる。江戸時代

    続きを読む
前のページに戻る