• 赤と黒

    “赤“ と “黒”は、岡本絵画を象徴する色である。 「赤の中から生まれ、赤の中に生きているという感じがする」というほど幼い頃から“赤”が好きだった太郎は、戦後日本で活動を再開させるやセンセーショナルなデビューを果たした。

    続きを読む
前のページに戻る