• no image

    古寺巡礼 わが仏像10選

    写真家・土門拳の代表作の一つである写真集『古寺巡礼』が1963年に刊行開始、1971年には第四集が出版された。翌1972年、雑誌『文藝春秋』に土門は「わが仏像 10選」として作品と文章を寄せている。「ぼくにとって仏像を思

    続きを読む
  • no image

    昭和の手仕事

    土門は『自選作品集』(447点収録/1978年刊)に「風貌」や「文楽」とともに「職人」の項目を設け、職人の手仕事の作品を数多く収録している。今回は職人の手仕事とともに、戦後の人々の暮らしの中に密接に関わってきた内職や、授

    続きを読む
  • 室生寺 モノクロの光と影

    土門が写真芸術家として名声を高めた写真集が『室生寺』(美術出版社/1954)であり、最後となった撮り下ろし写真集もまた『女人高野 室生寺』(同/1979)だった。本展では1975年に東京・小田急百貨店で開催した「室生寺展

    続きを読む
  • no image

    古寺巡礼 伝統の装飾・文様

    今年度の企画展では「世界遺産 日本遺産」に焦点をあて建造物を、「かおかたち」と題して仏像を中心に、それぞれ「古寺巡礼」の世界を紹介してきた。今回は歴史の中で刻まれた建築や仏像の、装飾や文様といった細部の美。そこに惹かれ撮

    続きを読む
前のページに戻る