作品紹介14 《磔刑のキリストと画家》 フランシスコ・デ・スルバラン

フランシスコ・デ・スルバラン《磔刑のキリストと画家》 1650年頃 油彩、カンヴァス 105×84cm  マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

暗がりの中、十字架にかけられたキリストと、右手を胸に当てそれを仰ぎ見、祈りの文句を唱える画家が表された、極めて親密な祈りの情景です。

画家はスルバランの自画像とも考えられますが、この場面は伝統的に確立された図像に属さず、主題の解釈を巡って決着を見ていません。

しかし、全体を覆う静謐な雰囲気には、瞑想や法悦などの宗教主題を得意としたスルバランの美質がよく表れています。

 

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 兵庫県立美術館 営業・広報グループ
  • TEL:078-262-0905(代)
  • FAX:078-262-0903(代)
ページトップへ