作品紹介12 《聖ペテロの解放》 ジュゼペ・デ・リベーラ

ジュゼペ・デ・リベーラ 《聖ペテロの解放》 1639年 油彩、カンヴァス 177×232cm マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

これは、投獄され、鎖につながれて寝ていたペテロのもとに天使が現われ、彼を起こして「急いで立て」と言うと鎖が手から落ちた、という新約聖書に基づく場面です。

作者のリベーラは若くしてスペインを去ってイタリアに渡り、ナポリで活躍した画家でした。円熟期に描かれた本作では、カラヴァッジョに学んだコントラストの激しい明暗法と、とりわけ天使の表現に見られる繊細で理想化された人物表現が融合されています。

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider
ページトップへ