作品紹介9 《視覚と嗅覚》 ヤン・ブリューゲル(父)、ヘンドリクス・ファン・バーレン、ヘラストセーヘルスら

ヤン・ブリューゲル(父)、ヘンドリク・ファン・バーレン、ヘラルト・セーヘルスら 《視覚と嗅覚》 1620年頃 油彩、カンヴァス 176×264cm マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

五感を2枚のカンヴァスに分けて表した対作のうちの1枚です。
テーブルの傍らで座って鏡を覗き込む女性が視覚を、花の匂いを嗅ぐ女性が嗅覚を表し、宮殿のような室内は数多くの絵画や花々で埋め尽くされています。
花や風景を得意としたフランドル人画家ヤン・ブリューゲルの監督の下、人物や画中画を他の専門画家と共作したものと考えられます。

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の展覧会

Arrow
Arrow
Slider
ページトップへ