作品紹介2 《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》 ディエゴ・ベラスケス

ディエゴ・ベラスケス 《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》 1635年頃 油彩、カンヴァス 211.5×177cm  マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

バルタサール・カルロス(1629-46)はフェリペ4世の長男として生まれ、広大なスペイン帝国の王位後継者として国中の期待を一身に背負って育てられました。

本作は、フェリペ4世がマドリード市外に作らせたブエン・レティーロ宮殿の心臓部「諸王国の間」で、両親である国王夫妻の騎馬像に挟まれて扉口の上を飾っていたものです。

5-6歳の王太子は落ち着き払って指揮棒を掲げ、凛々しく馬の両前脚を高く上げて王国の未来の確かさと明るさを強調しています。しかし王太子は王位を継ぐことなく、16歳で早逝しました。背景の風景はマドリード郊外のグアダラマ山脈を描いたもので、それを描き出す流麗でよどみのない色彩、そして写実性は本作にスペイン風景画史における傑出した地位を与えています。

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の展覧会

プラド美術館展ーベラスケスと絵画の栄光ー
ヌード NUDE―英国テート・コレクションより
Slider
ページトップへ